Copy Right (C) 2017 Canawest Creation Co. All Right Reserved.

March 15, 2018

March 12, 2018

March 9, 2018

February 23, 2018

Please reload

最新記事

Seattleへ行ってきました。

April 7, 2018

1/10
Please reload

特集記事

Fast4Tennisとは

March 12, 2018

2014年、オーストラリアで始まったFast4Tennis。

これまではあくまでExhibitionとして行われてきましたが、昨年の1月、Hopman CupのMixed DoublesでOfficialなトーナメントとして採用されています。

 

バンクーバーの冬は雨季に入ってしまうため、外でのテニスはあまりできません。

必然的にインドアでのプレイになってしまうのですが、ウチのテニスチームでは参加が常時20人を超えるメンバーに対して確保できるコートは2面。

毎週先着12名のみを参加可能とし、2面を12名で回すわけです。

 

常に4名が休憩となるわけですが、極力休憩時間を減らしてプレイしてもらうアイデアをウチのメンバーの1人が持って来てくれました。

それがFast4Tennisです。

 

慣れるのに少々時間がかかりましたが、やってみると結構楽しいものです。

 

Rule & Regulationsはこちら↓

FAST4TENNIS(英語です)

 

概要を日本語に簡単に訳してみました。

・1セット:4 ゲーム

・各ゲームノーアドで、レシーバーがサービスリターンのサイド決定権を持ちます。

・レットなし。※相手のサーブがネットにかかり、自コートサービスボックス内に落ちた場合、サーブレシーバーだけではなく、前衛(パートナー)もリターンする権利を有します。

・3-3で5ポイントタイブレイクとなります。

タイブレイクは2ポイント毎にサーブを交代、最初のサーブはデュースコートから行います。

4ポイントが終わった段階でコートチェンジをします。

スコアが4-4となった場合、次のポイントで勝敗を決します。

サーブはコイントスによって決めます。

 

そして1番面白いと思ったのがコレ。

※パワープレイ

・1セットに1度のみ、サーバー側にのみ「パワープレイ」行使の権利が与えられます。ただし、タイブレイクでは使えません。

・サーバーもしくはそのパートナーがサーブ前に必ず「パワープレイ」をコールします。

・パワープレイでは、そのポイントを取ったチームに2ポイントが与えられます。

 

状況によってセット数やゲーム数を変えたりしても面白いでしょうね。

行く行くはSakura Cupで採用してみようとも考えています。

 

さて、バンクーバーの雨季もそろそろ終わりを迎えています。

今週土曜日は晴れ予報ですので久しぶりの外テニスです。

 

 

テニスコート近くにある中華レストランのイチオシ、Shrimp & Swirl Egg on Riceです。テニス後は堪りません。 

Please reload

Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ